日本介護福祉学会 トップページへ サイトマップ
トップページ日本介護福祉学会とは規約・指針

マイページ
規約・指針

日本介護福祉学会評議員に関する規則

研究倫理指針はこちら>>

第1条(目的)
この規則は,日本介護福祉学会(以下「本学会」という.)の評議員について定める。
第2条(定数)
評議員の定数は,本会正会員の5%程度を上限とする。
第3条(評議員の任務)
評議員は,重要会務について理事会に助言する。
第4条(選任手順)
評議員の選任手順は次の通りとする。
  • 現任評議員の任期が満了するおおむね1年前に,理事会は評議員候補者推薦委員会(以下「委員会」という.)を設け,評議員候補者の選考を行う。
  • 委員会の委員は,理事会の議を経て会長が委嘱する。 考を行う。
  • 委員会は,現任の評議員,新たに理事から推薦された候補者,および同委員会が適当と認めた候補者について,年齢,性別,専門領域,地域等をふまえて選考を行い,理事会に評議員候補者を推薦する。
  • 理事会は,委員会から推薦された評議員候補者について審議し,委嘱の可否について会長に答申する。会長は総会で評議員候補者を報告する。
  • 委員会は,理事会への評議員候補者の推薦をもってその任務を終える。
  • 評議員の任期は3年とし、再任できる。ただし、第1期は任期4年とする。
第5条(任期途中での選任)
新たに選任される評議員の任期は,その期の残任期間とする。
第6条(改正)
この規則の改正は理事会の議を経て,総会に報告されなければならない。
付則
この規則は2014年10月5日より施行する。
この規則は2017年10月1日より施行する。